単身赴任で

girl white T-shirt

今まで家族で暮らしてきたものの、仕事の都合で単身赴任をしなければならなくなってしまった…。
今まで家事を積極的に手伝ってきた男性であれば単身赴任でも問題なく家事をすることはできますが、今まで自分の母親や奥さんに家事をすべて任せてきたという男性は大変です。
仕事でクタクタになって帰ってきたのに、分からない家事までこなさなければならない…。そうなれば精神的な負担はかなり大きくなります。

ただ、家事代行業者を利用すれば、単身者でも快適な空間を保つことができます。
港区の家事代行業者では、単身者向けのプランというのが用意されています。全ての業者で用意されているとは限りませんが、近年では港区の家事代行業者のほとんどが単身者向けのプランを用意しています。

単身者向けプランの内容は、掃除や洗濯が中心となります。最近はコンビニや飲食店が多いので料理サービスがなくて良いという方が増えています。特に東京港区となれば、単身者が多く、1人で気軽に入れてリーズナブルな飲食店が多いので食事に関しては問題ないでしょう。
単身赴任の場合には、1Kや1Rという間取りが多いと思いますが、空間が狭いので料金もお手頃となります。大体、1回90分程度で5500円前後の料金になります。
こうしたサービスは毎日利用する必要はありませんので、週2回依頼しても1ヶ月あたり、20000円程度です。これくらいの料金であれば、抵抗なくサービスを利用できるでしょう。
もちろん、家事代行サービスをしてもらう間は在宅していなくてもOKなので家に帰ってきたら快適な部屋に変身しています。